西東京市Web

マナーを守って犬を飼いましょう

最終更新日 2020年9月17日
 糞・尿をさせたまま放置する、リードから放している,リードが長すぎる等、犬に関する苦情が多く寄せられています。
 このようなことが多く起こると、犬を飼いづらい状況をつくり、マナーを守って飼っている人も非難を受けてしまいます。
 人と犬が一緒に暮らすために周辺環境への配慮は欠かせません。

犬の飼い主のマナー

(1)糞・尿の始末をしましょう
 他人の犬の糞・尿を片付けなければならなくなっては誰でも不快になります。糞は必ず持ち帰って始末してください。
 また尿をした場所は水で洗い流してください。悪臭の原因にもなります。
(2)犬をリードでつなぎましょう
 飼い主にとってはおとなしい犬でも、他人にはどのような行動をとるかわかりません。犬が苦手・怖いと思う人には非常に怖い存在になります。
 リードでつなぐことはもちろん、犬のとっさの行動に備えて短めに持ってください。長すぎると犬を制御しきれないことがあります。リードでつなぐことで犬を交通事故等から守ることにもなります。
◆環境保全課
電話:042-438-4042
[0]戻る
[9]トップページへ戻る
西東京市役所
田無庁舎
〒188-8666
西東京市南町五丁目6番13号
保谷庁舎
〒202-8555
西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-464-1311
(C) Nishitokyo City