西東京市Web

夏休み平和映画会 「母と暮せば」

最終更新日 2016年7月28日
 戦争の記憶が薄れようとしている現在、市では、戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさ、平和の大切さを伝えるため、「夏休み平和映画会」の開催します。
 また、「西東京市戦災パネル・1トン爆弾模型」「戦争の遺品」も常設で展示しています。
 この機会に、戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさ、平和の大切さについて考えてみませんか。

夏休み平和映画会 

ロゴ
 原爆で亡くなった息子が母親の前に突然現れる。戦後の長崎を舞台に、母と息子の優しくて悲しい感動の物語。戦後70年。作家の井上ひさしが晩年に構想していた「戦後命の三部作」の意思を、山田洋次監督が引継ぎ「ナガサキ」をテーマに作成された作品。
監督:山田洋次 出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華

とき

8月20日(土曜日)
午後1時30分 「忘れてはいけない記憶 西東京市にもあった戦争」の上映
午後2時 「広島平和の旅」参加者報告会
午後2時30分  映画上映
(開場 午後1時)

ところ

西東京市民会館公会堂 ※当日直接会場へ

常設展示

西東京市戦災パネル・1トン爆弾模型の展示

とき 8月31日まで休館日を除く毎日。以後不定期。
ところ 西東京市民会館1階 展示室

戦争の遺品の展示

ところ 田無庁舎2階 展示コーナー
◆協働コミュニティ課
電話:042-420-2821
[0]戻る
[9]トップページへ戻る
西東京市役所
田無庁舎
〒188-8666
西東京市南町五丁目6番13号
保谷庁舎
〒202-8555
西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-464-1311
(C) Nishitokyo City